読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日山日記

日山の旅行記やら文具やら写真やらその他もろもろ雑多なブログ

2015年南独旅行記「BIER REISE」その1-3

BIER REISE 旅レポ

2015.4.17

 

16:00

ミュンヘン市内到着。

 

f:id:hiyama2016:20160408070553j:plain

有名な旧市庁舎!

の向かいにあるCafé am Marienplatzへ。

 

 

 

f:id:hiyama2016:20160408071518j:plain

Hacker-Pschorrという日本でも有名なドイツのビール会社のヘルスビール0.5リッターと

 

f:id:hiyama2016:20160408071557j:plain

 

ワンプレート料理を頼む。

ワンプレート料理にはドイツの代表的な料理であるプリッツェル、ヴルスト(ウィンナー)、ザワークラウト(キャベツの酢漬け)が乗っています。

ヴルストは日本のソーセージとは違い、フレーバーとしてハーブが入っており、とてもサッパリ。

ザワークラウトプリッツェルも味が濃くしょっぱい。けれどそれらとビールを一緒に食べるとあら不思議!

むちゃくちゃおいしい!

 

幸せです♩

 

店内はかなり混んでいて賑やか。

こちらの店員さんたちは南ドイツの伝統服ディアンドルを見にまとい一リットルの大きなジョッキを4、5つと一気に持ち上げて配膳します。

よくテレビで紹介されるビールのお祭り、オクトーバーフェストのようです。

隣のカップルはウェイターのお兄さんが持っていた6つのジョッキ(中身入り)を借りて記念写真を撮っていました(笑)

私があまりのビールジョッキの量にびっくりしていると「オクトーバーフェストではもっと持つよ」とブリジェットが。

うーん、オクトーバーフェスト!すごい酒豪が集まるんだろうなぁ!

ビールの祭典気になります!

  

 食事が済んだら郊外のライヴ会場へ。

ブリジェットがファンだそうで是非行こうと誘ってくれたライヴ。

f:id:hiyama2016:20160408071835j:plain

 初のライヴ体験がドイツ…しかもすごくよくわからないジャンルで、正直覚えてな…

 

 

こうしてドイツ旅1日目は終了しました(笑)

 

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年南独旅行記「BIER REISE」その1-2

BIER REISE 旅レポ

 

2015.4.17

13:00

 

定刻通りにドイツはミュンヘン空港到着し、入国審査を受ける。

入国カードはいらないそうで。

そして入国審査窓口は四つ。内二つがヨーロッパ(EU)内、二つが他の全ての国からの窓口になっていた。

そのため、EU以外の全ての国対応窓口には長蛇の列が。

しかも列を整列させる係員や区分けのポール、白線なども無いので皆なんとなーく並んでいる。

やっとのことで入国審査の番になった。

 

内容は

Q.英語は出来るか

Q.渡航目的は

Q.何日滞在するか

Q.帰りのチケットを持っているか

Q.泊まるところは決まっているか

の五問。

あらかじめ印刷してきたバウチャーや、メールなどを見せ対応した。

 

スーツケースを引き取り、到着口に出ると手書きの「Welcome」カードを持ったブリジェット*1の姿が。

去年ロンドンで知り合い、今年はミュンヘンで再会かー!なんてグローバル!

無事に合流した後はミュンヘン滞在中にお世話になるクリスティーヌの家*2へ。

移動手段は鉄道。

「切符を持っている?」の答えに対してテキトーに「はい」と言ってしまい、そのままエスカレーターを降りホームへ。

!?

改札口は!?

そのまま列車に乗り込もうとしているブリジェットを止め、切符を持っていないことを説明。

急いでエスカレーターを上がり、切符売り場へ。

 

f:id:hiyama2016:20160405205327j:plain

 

液晶の券売機を操作し、1Dayチケット(12ユーロ)を購入。

 

f:id:hiyama2016:20160407223819j:plain

 

ミュンヘンの鉄道には日本やイギリスのような改札ゲートが無く、そのままホームに入れます。 

切符を購入したら近くにある打刻機で使い始めを打刻するらしい。

(日山は旅行中トラベルカードを利用したので逐一切符を買いませんでした)

 

いくつかの駅を乗り継ぎ、お世話になるお宅へ。

自分なりに調べてきたつもりだけど、ブリジェットも事前に調べてきてくれて案内をしてくれたのでとても助かった。

 

f:id:hiyama2016:20160405205316j:plain

 

案内された部屋。

 

部屋を提供してくれるクリスティーヌはフラットの最上階に一家で住んでおり、その内の一室を旅人に貸している。

部屋の天井が斜めになっているので屋根裏部屋のようでワクワクした。

ベッドは黒色のシーツに赤色の布団でクール。

本棚には様々な国の本が。

すごくカオスだけどそれが合っててカッコいい!

 

これからお世話になるということで日本からのお土産を渡したら明日、朝食をつけてもらえることになった。ラッキー!

(本当は希望者に5ユーロ)

 

 

さて、部屋で荷物を置いて簡単な説明を受けたら再びミュンヘン市内へ。

 

 

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:(詳しくはコチラ

*2:(詳しくはコチラ2

2015年南独旅行記「BIER REISE」その1-1

BIER REISE 旅レポ

 

2015.4.17.

 

仕事終了後に一度帰宅し、事前に用意していた荷物を持って最寄の駅へ。

駅から電車を乗り継ぎ、やってきました羽田空港

 

f:id:hiyama2016:20160407110457j:plain

 

2014年から国際線が増え、リニューアルされた羽田空港

実は○年前の修学旅行で国内線を利用したきりで来たことがありませんでした。

日本ならではのレストランやショップ、内装などがあると聞いてわくわくしていたのですが、着いたときには軒並み閉店時間でした・・・。

 

f:id:hiyama2016:20160407110928j:plain

 

 チェックインを済ませ、フードコートへ。

さすがにフードコートは夜遅くまで営業しているようです。

(ひょっとして24時間営業かな?)

日本を発つ前に・・・ということで、キツネうどんとエビスビールをご注文。

おいしいです!

 

そのままゲートへ向かい、搭乗時間までウトウト・・・。

さすがに仕事したあと三時間かけて空港向かうのはキツイですね・・・。

 

今回利用するのはエミレーツ航空

ドバイでの乗り継ぎが必須ですが、オイル大国とあってサーチャージ(燃料費)がとても安いのです!

尚、利用は今回で2回目。

 

定刻通り出国致しました。

 

f:id:hiyama2016:20160407111238j:plain

 

f:id:hiyama2016:20160407111829j:plain

 

f:id:hiyama2016:20160407111849j:plain

 

機内食

メモって無かったため、メニューの内容や味がどうだったか詳細覚えていません(笑

でもまずくはなかった気が・・・。

 

f:id:hiyama2016:20160407112013j:plain

 

約11時間のフライトを終え、ドバイ国際空港へ。

写真は飛行機の窓から見た図。

f:id:hiyama2016:20160407112129j:plain

 

広大な砂漠の平野に突然と街が現れ、区画は整頓され建物も真四角だったり丸だったりと人工物らしさ満載の為、シムシティやマインクラフトのようなゲーム画面に見える。

砂漠の中、忽然と街があるところもRPGの世界のよう。

ところどころ見える緑も人工的に植えたカンジなので農業や林業などの第一次産業はどうしているんだろうか?

それとも見逃しているだけで畑や牛舎などがあるのかな・・・と思ったけど、宗教上の理由で動物は食べないんでしたっけ。

それにしてもドバイ、不思議な国だ。

 

そんなことをのんびり考えていたらドバイ到着。

ドバイからミュンヘンへの乗り継ぎ時間は1時間しかなく、しかも空港の端から端までの大移動なので空港内をゆっくり見ることができませんでした。残念!

さて、6時間のフライトへ。

 

f:id:hiyama2016:20160407113247j:plain

 

 

 

 

※写真がでかい!(笑)

 

 よろしければクリックお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2015年南独旅行記「BIER REISE」その0

旅レポ BIER REISE

 

前のブログでも旅レポをしてきましたので、この「日山日記」でも続けていきたいと思います。

 

今日から更新していく旅は昨年4月に行った南ドイツ。

自分で航空券やホテル等を予約しての一人旅。

 

準備編はこちらから

 

Polar Star: BIER REISE 準備編

Polar Star: BIER REISE 準備編2 

Polar Star: BIER REISE 準備編3

Polar Star: BIER REISE 準備編4

 

 

f:id:hiyama2016:20160405161019j:image

 

BIER REISE(ビアライゼ)とはドイツ語で「ビールの旅」とのこと。

よろしければしばらくの間、南独ビールの旅にお付き合いくださいませ。

 

 

f:id:hiyama2016:20160405204143j:plain

 

尚、当時の旅行記はこちらの「トラベラーズノート」、「清書として「旅するEDiT」をデジタルに書き起こしています。

 

旅行の準備、旅先でのトラベラーズノートの使い方も追々紹介して行きたいです。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

手帳と万年筆〜EDiT手帳編〜

手帳
桜のつぼみが膨らんできたなぁ…なんて春の訪れを感じていたらいつの間にやら満開ですね。

手帳3冊目の紹介はEDiT手帳。

f:id:hiyama2016:20160403094703j:image
1日1ページタイプです。
初めて手にした手帳その2。
(その1はジブン手帳)

何故1日1ページタイプを選んだかというと、その日その日の出来事を記録したかったから。
ライフログとはちょっと違う。日記に近い使い方。

f:id:hiyama2016:20160403094937j:image f:id:hiyama2016:20160403095333j:image 
その日の出来事を書いたり、思考を書いたり、絵を描いたり、

それから

f:id:hiyama2016:20160403095054j:image

貼りモノをしたかった!

f:id:hiyama2016:20160403095302j:image

というのが大きい理由かもしれませんw

昨年まではトラベラーズノート週間バーチカルを使用していたので、映画のチケットくらいしか貼るスペースが無く、とっておきたいチケットの半券やチラシ、期間限定お菓子のパッケージなどはクリアファイルへ直行でした。
しかも一度クリアファイルへ入れるとなかなか使う機会がないっていう…。
そこで手帳ゆる友の方々がお菓子のラベルなどを1日1ページタイプの手帳に貼っているのを見て飛びついたわけですw

MDダイアリーとMDダイアリーはトラベラーズノートと同じ用紙なので、あえてEDiT手帳にしてみました。
万年筆の裏写りもなく、スラスラ書けてストレス無しです♩

そんなわけで3冊目はEDiT手帳のご紹介でした。
















手帳と万年筆 〜ジブン手帳編〜

手帳
こんにちは。
お久しぶりです。


②ジブン手帳

二冊目に紹介する手帳はKOKUYOの「ジブン手帳」です。
f:id:hiyama2016:20160318133600j:image

一生使える手帳ということですが、今年からデビュー致しました。

使い方としては「ログ用」。
プライベート、仕事含めてその日に行ったこと、やったことを書いています。
あとは「確定した予定」も記入しています。

トラベラーズノートは「予定は未定」な使い方。
ジブン手帳は「確定予定とその結果」。
こうすることでトラベラーズノートとジブン手帳とがリンクしあい、情報漏れがなくなります。
ただデメリットもあって、常にリンクしている状態なので二冊持ちが前提となっています。
なので予定変更のときは両方とも更新しないといけませんね。


ログ用に使用しているので、仕事の内容結果、買い物に使った金額、実際食べたメニューを書いたりしています。
f:id:hiyama2016:20160318134144p:image

最近は朝活(というかただの早起き)も始めたので、その感想なども書いています。
買い物に使った金額も項目ごとに分けて毎週末いくら使ったのか出しています。
そして月にいくら使ったのか出しているのですが、なかなか無駄遣いが減らない…。

f:id:hiyama2016:20160318134528p:image
マンスリーには「この月にやりたいこと、なること」など確定している予定を書いています。

まだ色の使い分けを明確にしていないので早く色の定義を決めないとですね。

ジブン手帳はまだまだ使い方を探っている状態です。









手帳と万年筆 ~トラベラーズノート編~

手帳 文具 トラベラーズノート

 

前回、軽く自己紹介を済ませたばかりですが、手帳や万年筆のことをもう少し詳しく紹介していきたいと思います。*1

 

手帳について

 

書くことが好きなので*2

手帳とノートをたくさん持っています。

そんな中、今年使っている手帳はこちら

 

トラベラーズノート

f:id:hiyama2016:20160212192020j:plain

 2015年限定カラー ブルーエディション

2016週間+メモと軽量紙、ジッパーケース、クラフトファイル、ジッパーケースを使ってます。

 

こちらの手帳は普段使い用 兼 財布

 

f:id:hiyama2016:20160212193110j:plain

週間+メモはリアルタイム用、

左側に仕事現場*3と献立。

右側のメモには冷蔵庫中身フセンと左側には書ききれない予定を書いています。

冷蔵庫中身フセンと相談して献立を考えます。

他にも美術館などの催事期間が長いものは予定をすぐすぐ立てられないので情報をフセンにまとめ貼っておきます。

こうすることで週が変わってもフセンを貼って情報をずらすことができます。

 

 

 

 

 

f:id:hiyama2016:20160212194041j:plain

 軽量紙はラクガキ帳やアイディア帳、メモ帳として使っています。

使い方は自由に。

 

 

f:id:hiyama2016:20160212194342j:plain

 

 ジッパーケース(別名:サイフ)

というか、紙幣を入れています。

あと裏のカード入れにクレカや免許証など。

トラベラーズノートなだけに旅行先での外貨紙幣を入れて使うという例はよく聞きますが、普段からサイフとして使っているのは私くらいかもしれません・・・。

(以前使っていた財布は酔っ払った私と共にお亡くなりになりました)

臨時でジッパーケースを財布化したら思いのほか便利だったのでそのまま定着しています。

 

トラベラーズノート財布化

メリット

  • カード入れるスペースが少ないので無駄なカードを持ち歩かない
  • 買い物中に冷蔵庫中身フセンを見ることができるので無駄な買い物をしなくなる

デメリット

  • デカい。重い。
  • 別途カード入れが必要となる
  • 別途小銭いれが必要となる

 

デメリットのほうが多い!?

 

 

 ところで、トラベラーズノートをまとめるゴム、みなさんどうしてますか?

ゴムが結び目になってますよね。

私は文字が書きにくいので結び目をほどいて使っています。

f:id:hiyama2016:20160212211741j:plain

こんなかんじ。

で、このままだとゴムが抜けちゃうので

f:id:hiyama2016:20160212211825j:plain

f:id:hiyama2016:20160212211904j:plain

 こんな感じでマグネットタイプのブックマークでとめています。

これだと外れないし、ゴムの結び目はないので気になりませんよ☆

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:という手持ちの子たちジマン

*2:そして読みうことも好きなのになぜか日本語が上達しない

*3:特殊な仕事のため、勤務先を暗号化しています